伸びる鉄路 朽ちる鉄路 その1


著: wasaitax

伸びる鉄路 朽ちる鉄路 その1

著: wasaitax
販売価格:100円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:47ページ
内容紹介

 二〇〇八年冬のある日、翌年三月一三日限りで東京発着の寝台特急「富士・はやぶさ」廃止という記事が朝日新聞に載った。それを眼にした私は、「この機会を逃すと、東京発着の寝台特急(ブルートレイン)に、もう二度と乗れなくなる。廃止前に一度は乗っておきたい。いや、乗らなければならない。」という使命感に駆られ、仕事の合間を縫って乗ることに決めた。娘は二歳で列車での長旅は事実上無理であり、必然的にこの旅は一人旅となる。

 妻の同意を得て、仕事の調整を行って日程を探った結果、二〇〇九年二月二一・二二日の土日に決行することとなった。

 行きは「はやぶさ」、帰りは「富士」で往復しよう、と一カ月以上前から予約を入れたが、結局取れたのは帰りの「富士」B寝台ソロだけであった。そのため、行きは代替的に「のぞみ」で博多に行くことにした。また、周遊きっぷ(福岡ゾーン)と、現地に一泊することにしてできた時間を利用して、九州北部の、かつて筑豊炭田の発展に歩調を合わせるように張り巡らされ、その衰退とともに廃止されていった鉄道網を、出来る限りくまなく乗ることにした。

 この文章は、今年三月をもって廃止となった寝台特急(「富士・はやぶさ」)と九州北部のローカル線に乗り、九州北部を舞台にした伸びる鉄路(新幹線網など)、朽ちる鉄路(東京発着のブルートレインや筑豊地区の旧国鉄路線など)の実態を見詰めた紀行文である。

目次
出発まで
当日朝
新幹線を降りて
久大本線へ
夜明駅から日田彦山線へ
門司港へ
鹿児島本線で香椎へ
香椎線を行ったり来たり
翌朝
原田から筑豊本線へ
桂川から若松へ
福北ゆたか線で新飯塚へ
後藤寺線で田川後藤寺へ
糸田線で金田へ
平成筑豊鉄道を行ったり来たり
行橋からいざ「富士」へ
富士で東京へ
いつもの自宅へ