sunny after the rain


著: 飛鳥圭

sunny after the rain

著: 飛鳥圭
状態 完成
最終更新日 2019年05月05日
ページ数 PDF:124ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

 雨のち晴れや前を進むのはあなたとか、この一歩が明日を決するやら前に進まなきゃとか
口では何とでも言えるよと思っていたのであるが、口先だけでも毎日唱えていると何故だか
やってみようかとなるのである。ほんとうに不思議です。
 そしてそれを実行している人たちに出会うというかひょんなことから知ってしまうと僕も私も
と心が前に進んでしまう。やっぱりポジティブっていいことなのである。
この詩集ではこのようなpoemがいいなあ?と思ってはいるのだが、結局はいつもの感じの
つまらない詩になっている。
うーん・・詩、されど詩?奥が深いし結構難しいものなんだよねと思うこの頃なのである。
そして一つぐらいは読者の皆さんに気に入っていただける詩があればと思うのである。
                              
                                  飛鳥 圭

目次
Prologue
目次
先祖たち
海の日に
いつもいつも
あきらめないで
甘えていいですか
元気の届けもの
夏のおくりもの
夕立の頃に
工夫って
模様替え
盆の終わる頃
二学期って
風と君と
1億2,800万分の一
家の音
じっと見て
風の通る道
非凡なる凡人
少年のかおり
九月の恋
孤独感
言い訳
あの空へ
元気でなきゃ
秋、あき
自由の扉
新たなところ
子等の合唱
風をきって
四季のうた
感じること
君の手
よおーいどん
寒い朝
忘れ得ぬ人
明日は
雑用って
まもなくX’mas
The Party
冬将軍
腹立ちラインナップ
夢を見た
ひとりクリスマス
別れの思い出
いつものとおり
ふるさとの香り
ことしは
希望と夢と
あの頃
おめでとう
遥かふるさと
帆をあげよ
夢での邂逅
還付金
ゆっくり
何気なく
進むべき道
懐かしき頃
明日へ
分かってるのに
昼下がり
朝のスマイル
贈り物
抱擁
ふるさとの山
気分を変えて
出かけよっ
正月休み
福は遠く
こんにちは
バイクに乗って
春は何処に
むかし昔
1月のうた
手の動き
ゆとり
わが道
あの日あの頃
fiction
春の花
いつも二人
ただいま実家なり
さらばふるさと
便利なこと
僕のミネラル
涙はね
心のメッセージ
希望の明日
春にはね
梅の花
遠くへ
錯覚
新年度
いざ出陣
初めての
4月の詩
新緑
また実家へ
回転木馬
想い
Epilogue
奥付
奥付