『冥府の河の向こうは綺麗かな。』


著: 朧塚

『冥府の河の向こうは綺麗かな。』

著: 朧塚
状態 執筆中
最終更新日 2018年08月11日 3年以内
ページ数 PDF:29ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

かつて、好きだった女の肉体を奪った男、セルジュ。
彼は闇の骨董屋デス・ウィングの依頼を受けて、あらゆる事件に巻き込まれていく。

彼が出会う者達は、生者か死者か。
あるいは、正常な者なのか異常な存在なのか……。

戦慄の現代ファンタジー風、サイコホラー!

目次
CASE 1
CASE ストーカー ‐心を病んだ被害者‐ 1
CASE ストーカー ‐心を病んだ被害者‐ 2
CASE ストーカー ‐心を病んだ被害者‐ 3
CASE 2
CASE 赤ずきん ‐欠損収集者‐ 1
CASE 赤ずきん ‐欠損収集者‐ 2
CASE 赤ずきん ‐欠損収集者‐ 3
CASE 3
CASE 4
CASE 5
CASE 6
CASE 7
CASE 8