夢見る獏

夢見る獏

販売価格:420円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2020年03月08日 1年以内
ページ数 PDF:210ページ
内容紹介

著者の半自伝的小説である。第一章は、幼児、小学、中学生の思い出、音楽を聴きながら、そのイメージを想像したこと、おもちゃを分解して、なぜかを感じはじめたこと、工作のおもしろさを知ったことを述べた。第二章は、高校時代の思い出。勉強との格闘、国語の授業で脚本を書くおもしろさを知ったこと。映画への興味、友達になぜかと考えないことも受験勉強に必要であると忠告されたこと、浪人したときに歴史、政治、経済、文化に興味を持ったこと、大学時代の思い出を描いた。第三章では、社会人になってからの原子力技術開発、原子力安全技術の研究、安全管理の技術的、法律的な側面を経験し、その中にある「人間」の問題に興味を持ったことを述べた。第四章では、原子力から離れて、それまでの経験を活かして小説家修業をはじめたこと、今までに書いた九作の小説の執筆動機、制作意図などを述べた。

目次