「新しい中世」の漂流

「新しい中世」の漂流

販売価格:462円 (税込)
状態 完成
最終更新日 2020年03月08日 3年以内
ページ数 PDF:260ページ
内容紹介

未来の日本が舞台。平田組と源田組の戦いは、源田組の勝利で終わる。戦いの先頭に立っていた友頼と常義は、大学や研究所に去り、北条政夫が源田組を指揮することになる。立場のよくない北条は、周りの警備会社につぶされないように苦労しているうちに、野望を抱くようになり、まるでマクベスのように、少しずつ力をつけていく。鎌倉時代の北条氏のようだ。北条がどのように力をつけ、頂点に達するか、その後どうかったかを述べる。