「新しい中世」の到来

「新しい中世」の到来

販売価格:462円 (税込)
状態 完成
最終更新日 2020年03月08日 3年以内
ページ数 PDF:246ページ
内容紹介

未来の日本が舞台。「小さい政府」ができて、中央政府が弱体化し、地方に多くの自由な自治体ができた。一方、日本に圧力をかけていたあの国の後身、西国が崩壊した後、国民は政府に多くを望まず、地方分散体制ができていた。政府の財政は厳しくなり、治安維持能力は衰え、地方の治安は、民間の警備会社が行うようになっていた。自由な自治体は、まるで、平安時代の荘園のようであり、警部会社は、武士のようであった。まるで「新しい中世」のようになったのである。その中で、平田組の勢力が政府の治安維持を受託し、港湾業務を独占して、警備会社をまとめ上げるほど勢力を拡大した。アウトソーシングで力をつけたF計画の社長が殺され、養子になった二人が源田組を組織し、平田組に挑む。その後、・・・