詩集 いま会いにゆきます


著: 飛鳥圭

詩集 いま会いにゆきます

著: 飛鳥圭
状態 完成
最終更新日 2019年01月18日 3年以内
ページ数 PDF:123ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

亡くなった最愛の人が久しぶりに帰ってくるとしたら、あなたはどうしますか?
何処へ帰ってくるのだろうか!遥か遠い未来からこの世に帰ってくるって想像もつかない。
けれど最後の言葉をかけていないから、今もずーと気にしてて心に重い記憶だけが残って
いたのである。・・だからなのか新たな恋が育たないと思い込んでしまっていた。
そんな理由から会えるなら今からでも会いたいと思うのである。
 ほんとうに・・ごうの深い妻である。
そんな想いを心に感じながら、数々の詩を書いていたのだから、著者自身はもちろん読者
の方々も果たしてどんな詩なのか気にかかるのではないかと勝手に考えているのである。
そしてこの詩集で、初めてその想いを感じたいと思うのである。
                             飛鳥 圭

目次
prologue
mokuji
初秋の風
いざ秋のなかへ
9月の君は
今日の君
好きだった
なつかしきかな
集中
見えないところ
こんなことも
月夜
さざんか
あなたの彼方
気分をかえて
劣等感
良いことばかり
紅葉の栞
花のかんざし
小春日和に
新しいこと
まぼろし模様
いつもの夢
いまでも大好き
挑戦者
寒い空
愛しき頃
12月は
美しいもの
雑踏
プロポーズ
赤いマント
静かなクリスマス
桃の花
詩作
空・そら
ふるさとの香り
歌ありて
神戸ポートタワー
年のはじめ
寒いから
気になること
会いたい人
安らぎの中に
妄想のひととき
つぼみ達はいま
うそ
よろこび
春のプロローグ
大好きな人
あの頃は
approach
小さい春
星占い
贈りもの
季節とともに
虚しきこと
実家なり
3月の車窓
ポジティブ思考
3月の雨
時をこえて
水車の音
年度末に考える
人混みに消えて
進路
観梅
ゆとりの時間
工事の音
光と土と水と
今を考える
気分良く
陽が昇る
今も夢見し
ネクタイ
旅心
前に進め
恋人がほしい
変な女の子
いつか来た道
二度の恋
緑の風の頃
梅雨の香り
変なの
食いしん坊
顔と心と
右向け右
美しい朝
好きな言葉
子等の歓声
ワクワクどきどき
小さな幸せ
6月の恋
よっちゃん
忘れられない言葉
心の旅
結婚って
ふるさとの夕日
海を越えて
空へ
夏は君と二人で
ひまわり畑にて
epilogue
奥付
奥付