詩集 すみれ色したあの頃


著: 飛鳥圭

詩集 すみれ色したあの頃

著: 飛鳥圭
状態 完成
最終更新日 2018年10月08日 3年以内
ページ数 PDF:171ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

 スミレは日本で古くから親しまれていた花である。万葉集では菫摘みを詠った短歌
などが収められているがいつごろから色名として使われるようになったかは定かでは
ないが、装束の重(かさね)の色目として「菫菜」(すみれ)と「壷菫」(つぼすみれ)という
のがあったようである。菫菜は表が紫で裏が薄紫、壷菫は表が紫、裏が薄めの青(今で
いう緑)となるような生地の配色であり、重色目のように紫の配色のたとえとして菫の名
が出されたことは確かなようである。
菫色という言葉が盛んに使われるようになったのは近代以降で欧文における菫色(英語
ではviolet)の訳語として使われるようになったという。
 すみれの花咲く頃という宝塚歌劇団を象徴する歌として知られる楽曲もある。
そしてこの歌は老若男女を問わず憧れの象徴の様でもある。
僕も気持ちは同じで歴史的な不思議に由緒高いスミレ色って何故か憧れてしまいます。
そんなこんなで憧れをもって詩を書けるってポエットとして嬉しい出来事だと思っている。
                             飛鳥 圭

目次
奥付
奥付