赤い花束


著: 飛鳥圭

赤い花束

著: 飛鳥圭
状態 完成
最終更新日 2018年08月20日 3年以内
ページ数 PDF:150ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

 赤い花束が不思議に鮮やかすぎてこちらまで頬が赤くなる
助手席が花束でいっぱいになると花の精が声をかけてきます
ねえねえ誰にプレゼント?恋人なのかしら・・いいわね
えっ・・花が話すんだ!
赤い花が大好きだって!買うの照れちゃったよ
でもその人を大好きなんでしょ
大切になさいね・・お幸せにね
うーん一度でいいからこんな風に花の精と話してみたいと思っているのです。
 この詩集、題名は「赤い花束」であるが、その中の詩は花に関することばかりじゃなく
日常の些細な出来事のなかで詩的な香りがするものを選んだつもりである。
また全然関係のないような詩も数多くあるかも知れない。
でもそのような目指すべき方向を決めて詩を作るって何故か楽しく思うのである。
                   
                           飛鳥 圭

目次
奥付
奥付