風の旅人


著: 飛鳥圭

風の旅人

著: 飛鳥圭
状態 完成
最終更新日 2018年05月23日
ページ数 PDF:123ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

 日頃の些細な日常生活の中で詩的であろうと感じられる様子を綴っています。
そうそう詩的な感じってどんな感じだあ?とつっこみをいただきながら、麗しき昔日の思いを胸に秘めながら日々の詩作に励んでいます。
皆さんも光に満ちていついつまでもご一緒に小さな幸せを感じませんか。

目次
hajimeni
mokuji
孤独
あなたは風なのですか
風が愛を運ぶ
あなたの通る道
かぜの彼方へ
風が教えてくれるもの
風の詩
風と友達
清々しい朝(あした)
君の瞳
明日(あした)へ
新しい明日
君へのうた
よく見ないと
風のように
備えあれ
朝景色
非常識
寒くなって
旅・たび
きらきら
良いことって
薄紅色
愛がいっぱい
あのとき
押して推して
諦めたら?
ひまわりの終わる頃
リンリン電話
西に行けば
叱られて
雲ながるる果てに
走って走って
上を向いて
丘にある家
紫陽花の花
40cm
初めての
好きな言葉
風と花見と
4月の詩
懐かしきこと
昨日はきのう
春の日に
恋心
名前って
君のひとみ
雨の中で
思い出したくない
でんわ
雨が降ってるよ
ただいま
移ろいの中で
墓参
昔の扉
思いつき
夢の先は
羽根を怪我したトンボ
堕ちていく
ラッキーセブン
あきらめないで
好きになると
水無月は
希望と夢と
元気ですか
天と地と
未来って
今日という日に
気分を変えて
この旗とともに
ひみつ
君と歩いた日々
追想の日のなかで
電話でね
母の声
コオロギ
年金生活
6月の風
びょびょおん
とても大好き
つまずいても
風よ教えて
いい夢を見て
生きている
罪と後悔と
悪いこと
挨拶とありがとう
バイクが空を飛ぶ
空は青い
雨の一日
夢をみた
励まし
生きる
不器用
懐かしい顔
仮面をつけて
ようこそ・・愛しき君へ
僕からあなたへ
秋色に染まる日々
郷愁
atogaki
奥付
奥付