中島敦の世界 山月記と名人伝

中島敦の世界 山月記と名人伝

状態 完成
最終更新日 2018年10月01日 3年以内
ページ数 PDF:42ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

 さて、今回は、「中島敦(あつし)の世界」(山月記と名人伝)であるが、まず、中島敦(あつし)の『山月記』という作品は、中国の「人虎伝」(じんこでん)という説話を元として書かれたものであり、今日では、学校の教科書にも載るようになり、多くの人たちがよくご存知だろうと思うが、それは、まさに「人間が虎に変身してしまった」というものであり、その「内容」をできるだけ「本文」に寄り添いながら丁寧に考察したものであり、そして、もう一つは、中島敦(あつし)の『名人伝』という有名な作品についての考察であり、目の訓練は、宮本武蔵の『五輪書』の中にある「目付」とも共通するところがあり、宮本武蔵の「修行」とも重ね合わせた考察であり、そして、最後に、その道の「極み」とは、一体、どのようなものになるのかという考察(内容)であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。

目次
奥付
奥付