カルパタル No.106 「ハイデッガー哲学と私の歩み」

カルパタル No.106 「ハイデッガー哲学と私の歩み」

状態 完成
最終更新日 2021年10月10日 1ヶ月以内
ページ数 PDF:34ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

ヴェーダーンタ哲学でいわれている「始めもなく、終わりのない」、私たち全てのものの根源であるブラフマン。ハイデッガー哲学を理解することによって、はしご段を上るようにこの「根源」へと近づく。その具体的な方法としての「光速瞑想」や、ナーラーヤン内垣自身の実体験などを通し、「存在生命」という日常生活の中にもある神秘の世界へと私達をいざないます。

目次
目次
目次
1.歴史とは 明るいもの
1.歴史とは 明るいもの
2.空間はすべてのものの故郷の入口
2.空間はすべてのものの故郷の入口
3.存在生命との語らいから 光速にとび乗る
3.存在生命との語らいから 光速にとび乗る
ナーラーヤン内垣について
ナーラーヤン内垣
奥付
奥付