マンガレビュー 製版技術の向上とマンガの進歩

マンガレビュー 製版技術の向上とマンガの進歩

状態 完成
最終更新日 2018年11月11日
ページ数 PDF:23ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

 マンガは印刷技術、とくに製版という原版の作り方で発展を遂げてきたのではないか? 「本のセールスマン」の企画でもなく、この件について、やっておかなければいけなくなった。
 マンガや書籍の宣伝だと思って、軽く見ておいて下さい。
 基本的には、手塚マンガ、劇画、大友マンガの昭和三層アナログ期から平成マンガの(マンガバブル)層からはじまるデジタル期、安定層となる。
 併走的にアニメ作画についても触れる。
 
   章 題
レタッチ画工と赤本マンガ
フィルム製版の再興と劇画
全面裏焼きの衝撃 大友マンガ
Mac普及以後のデジタル原稿
現在と今後 アプリマンガ
スマートフォンという新しい輪転機(不掲載)
広告欄と奥付と裏表紙
 関連書籍や重要と思われるサイトには、リンクを張った頁を設けた。

(文責・五島千尋)

目次
レタッチ画工と赤本マンガ
レタッチ画工と赤本マンガ
リンク集1
フィルム製版の再興と劇画
フィルム製版の再興と劇画
リンク集2
全面裏焼きの衝撃 大友マンガ
全面裏焼きの衝撃 大友マンガ
リンク集3
Mac普及以後のデジタル原稿
Mac普及以後のデジタル原稿
リンク集4
現在と今後 アプリマンガ
現在と今後 アプリマンガ
リンク集5
奥付
奥付