人間さまざま

人間さまざま

状態 完成
最終更新日 2017年05月06日
ページ数 PDF:34ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

本書は、フランスの哲学者アラン(一八六八~一九五一)が一九四六年にメリディエンヌ社から刊行した『人間さまざま』Alain, HUMANITÉS の中に所収されたもので、一九二五年に雑誌「銀の船」に掲載されたものの全訳である。テキストとしては、Alain, Les Passions et la Sagesse (Bibliothèque de la Pléiade), Gallimard, 1960 に所収されているものを使用している。アランのこのテキストは『思想と年齢』の続編として書かれた様であるから、タイトルは『思想と年齢』としても良いと思うが、テキストとして使用したプレイヤード版に従って『人間さまざま』とした。

目次
本文
アラン 『人間さまざま』 高村 昌憲 訳
二 バルタザール・クラエ
三 実用主義
四 スコラ学について
五 観念の獲得
六 一般的観念
七 普遍的観念
八 言 葉
九 正しい精神
十 繊細な精神
十一 間違った観念
十二 ストア学派たち
十三 想像力の規律
十四 歴史的精神
十五 詩人たち
あとがき
訳者あとがき
奥付
人間さまざま