状態 完成
最終更新日 2017年03月14日
ページ数 PDF:22ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

広告素材的な発想から考えてみた写真集です。画像加工してキャッチコピー的なものも付けてみました。

目次
imager
その匂い、纏わり、縋り、離さない。
SPRING! TOKYO!
水や空気や太陽の足元にもおよびませんが……。
本を読んだら、あの人と話したくなった。
半世紀経っても何も変わらない。そんな嬉しさがある。
チロルを食べた。少し淋しさがいなくなった。
地産地消。はい、エネルギーの話です。
この街では、何気ない風景も物語になる。
都市に水を届ける。それは文化を育てることでもある。
足るを知る。足らぬを弁える。
それは、水飛沫の音さえ酌ませる。
鋭く、ジェントルか?
晩秋が過ぎれば、シチューの季節。
野は萌え、豊穣に沸き、風に安らぐ。達成感を満喫しよう。
浪花は、文化とユーモアが絢爛に融合する街。
私はいろいろな人間を見てきた。だから言う。あなたは、本当は良い人だ。
それは都会の風景に負けてはいないか?
都会は渇いている。
黄昏。人恋しくなった。あの人と一杯飲む約束をした。
滅びの美学? そんな考えだから人様の命も軽んじ、紛争も絶えないのだ。
奥付
奥付