思想と年齢(上)

思想と年齢(上)

状態 完成
最終更新日 2017年03月25日
ページ数 PDF:80ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

フランスの哲学者アランALAIN(1868-1951)が、1927年9月20日にN.R.F.(フランス新評論社)から全二巻本として刊行した『思想と年齢』LES IDÉES ET LES AGES の全訳である。その後、1948年に内容はその儘で、ガリマール書店から新版が全一巻で刊行されている。テキストとしては、Alain, Les Passions et la Sagesse (Bibliothèque de la Pléiade), Gallimard, 1960 に所収されているものを使用している。本書は『幸福論』『芸術論集』と並んでアラン作品を代表するものの一つである。何故なら、生涯に亘って体系化を企図しなかったアラン哲学の核心を、最も明解に表した作品の様に思えるからである。この電子書籍の翻訳本は、全三巻のうちの上巻であり、一部~三部(序及び全21章)を登録している。その後は、中巻(四部~六部)、下巻(七部~九部)を2017年5月までに各々登録する予定である。なお、本書を翻訳するに当たり、アラン著『思想と年齢』原亨吉訳(角川文庫、1955年)を参照した。

目次
第一部
アラン 『思想と年齢』 高村昌憲訳
  第一部 眠 り
第二章 眠る幸福
第三章 眠りとは何か
第四章 不眠について
第五章 疲労について
第六章 意 識
第七章 大いなる眠り
第二部
  第二部 夢 想
第二章 夢の対象
第三章 人間の肉体
第四章 巫 女
第五章 物 語
第六章 経 験
第七章 世 界
第三部
  第三部 お伽話
第二章 幼年時代の観念
第三章 魔 法
第四章 人間の世界
第五章 戦争について
第六章 小説的なものについて
第七章 隠喩について
奥付
思想と年齢(上)