うまれてきたよ

うまれてきたよ

状態 完成
最終更新日 2016年10月06日
ページ数 PDF:12ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

ー生きて生まれられなかった子は、忘れられてしまうのでしょうかー

この問いが、私の中にずっとありました。
死産や流産は、医学の進歩や衛生環境の整備、栄養の改善などに伴って減りました。
ですが、なくなった訳ではありません。
単に、語られていないというだけです。

そんなとき、『誕生死』という本に出会いました。
この本には、流産や死産で小さな我が子を亡くした、親の経験と思いが綴られていました。
また、この本では赤ちゃんの気持ちに寄り添いたいと書かれていました。
物言わぬ赤ちゃんの気持ちはわかりません。
でも、最愛の我が子のことを無理に忘れることはなく、また誰にもその権利を奪うことはできないと強く思いました。

悲しい絵本になってしまうかもしれない。
書こうか、やめようか。
とても悩みましたが、描いてよかったと思っています。

誰か、必要とされている方へ…この絵本が届くことを願って。

目次