【2016-08-20】舞緋蓮 ―ウテナと晤の果てに― 第二十三回(下編)


著: 刀史郎

【2016-08-20】舞緋蓮 ―ウテナと晤の果てに― 第二十三回(下編)

著: 刀史郎
状態 完成
最終更新日 2016年08月20日
ページ数 PDF:17ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

前作『始まりの雪の日』より僅かの時が流れた、
一九五八年、春。坂本春花の誘いに応じ、獅士堂一家
に加わった雪絵は、組で多くの人と関わる。
『人形』と呼ばれた少女は、そうして少しずつではあるが、
己が『心』を作りあげていく。
雪絵と春花の二人の時間は、巡る季節と花々に彩られ、
彼女たちの心に何を生み、育むのか。
そして迎える『晤』の時に、雪絵は何を選択するのか。
これは、雪絵が愛を一身に受けた、僅か2年にも満たない時の、
心を彩る花々を追った史篇。

第三幕、中編連作シリーズの後半、下編。
一九五九年冬からの雪絵たちの様子が描かれる。

目次