柿食へば 富嶽三十六景 辞世の句 西行の歌

柿食へば 富嶽三十六景 辞世の句 西行の歌

状態 完成
最終更新日 2018年04月12日 3年以内
ページ数 PDF:25ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

 まず、「柿食へば」では、正岡子規の簡単な経歴をはじめ、「柿食へば」は、いつどこで何歳の時にどのようにして生み出された作品であり、また、正岡子規の「写生」とは、「俳句」とは、一体、どういうものであるのかの考察であり、また、「富嶽三十六景」では、富士山の美しさは、富士山そのものとまわりの風景(背景)からなり立つものであり、また、葛飾北斎の生活や人物像の簡単な考察になっています。そして、「辞世の句」では、浅野内匠頭、西行、在原業平の「三句」の考察と内容の解読であり、最後の「西行の歌」では、有名な「心なき」と「田子の浦ゆ」それに「風になびく」の三句についての考察であるとともに、もののあわれを知るとは、一体、どういうことなのかの考察にもなっておりますので、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。

目次
奥付