刺青 高野聖 変身

刺青 高野聖 変身

状態 完成
最終更新日 2018年04月14日
ページ数 PDF:20ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

 さて、今回は、谷崎潤一郎の有名な『刺青』という作品であるが、清(せい)吉という若い刺青師(ほりものし)は、なぜ、長年探し求めた美女の柔肌に「女郎蜘蛛」を描こうとしたのだろうか? その最大の「謎解き」とともに、その後の「展開」の考察であり、また、泉鏡花の『高野聖』という作品では、旅の途中、汽車の中で、一人の旅僧に出会うが、その旅僧の若い時の奇っ怪な経験話であり、その「内容」(あらすじ)とともに、人間の「二大本能」の一つ「性欲」についての考察であり、そして、最後の「変身」では、カフカの「作品」からは少し離れて、なぜ、われわれ人間というのは、表面的な「姿・形」が変わるだけで、われわれ人間の「見る目」も大きく変わってしまうのだろうか? また、カフカの『変身』と今日的な「閉じこもり現象」との関係についての考察であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。

目次
奥付
奥付