ほんのむし


著: ReiKa

ほんのむし

著: ReiKa
状態 完成
最終更新日 2016年01月10日
ページ数 PDF:22ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

眠れない夜にホットミルクを飲んでいたあきが、かめと一緒に池のほとりまでお散歩するお話です。

目次
ねむれないよるに、ホットココアをのむあきちゃん。
ココアがぶくぶく、おきゃくさんがひょっこりあらわれました。
「よるのおさんぽはどうだい?」「つれてって!」
みどりのかめのおさそいで、あきちゃんもココアの中へ…
ココアのむこうのいけのほとりに、おおきなくろいいわがあります。
おおいわは、のっそりうごいてあいさつしました。おおきなかめ!
「こんばん、このいけに”ほんのむし”がくるよ。みておいで。」
おおきなかめのせなかに、ひかりがどんどんあつまってきました。
あきちゃんは、ひかりにつられておおがめのせなかをのぼります。
ひかりは、まあるいむしたちです。かさかさはねのおとがします。
みんな、うれしそうにはねをぱらぱらしています。ほんのむしです。
「ぼくたちを、よんで!」「よむとも。じゅんばんにね。」
「ぼくのはねをよんで!」あきちゃん、えほんのむしをみつけました。
まほうやぼうけんのはなしにすっかりむちゅうのあきちゃん。
ともだちになったほんのむしと、じかんをわすれてあそびました。
いつのまにか、すっかりねむってあきちゃん、ゆめのなか。
くろいおおがめとみどりのかめは、めくばせしておわかれしました。
いつのまにかもとどおり。まるでおはなしの中にいたみたいです。
あきちゃん、ときどきそうぞうします。このほんもとぶのかな?
おしまい
奥付