しばいむら


著: ReiKa

しばいむら

著: ReiKa
状態 完成
最終更新日 2016年01月10日
ページ数 PDF:22ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

雨の日にホットミルクを飲んでいたあきが、かめと一緒にしばいむらまでお出かけするお話です。

目次
あきちゃんは、おおあめの日はいつもおうちでホットミルクをのみます
きょうは、ミルクのなかからひょっこりおきゃくさんがきました
みどりのかめは「おでかけしないかい?」とさそいます
かめにつれられミルクの中へ…
ミルクのむこうはおおきないけで、ほとりのさきにはむらがあります
むらのいりぐちで2ひきのきつねがおでむかえです
「ようこそしばいむらへ。もうすぐ、おしばいがはじまるよ」
かいじょうはおきゃくさんでいっぱいです
あおいほのおがいっせいにうかびあがって、さあ、かいえんです
あっ、おしばいのなかに、わたしがいる!
しばいのなかのあきは、おとなになっておかあさんになって
ゆめをかなえたりかなえなかったりしながら、おばあさんになりました
まくがおりるときつねが「あき、おしばいのつづきをみる?」
あきは、そのさきがてんでわからず、あたまがぐるぐるしました
「しばいは、たのしめたのならそれでいいのさ」かめはいいました
「かえるかい?」「うん!」
いけにもどるとかめはおおきくなり、ミルクの中をもぐっていきます
「それじゃあ、また。」
ミルクにはこのはが1まい。つぎのしばいのしょうたいじょうです。
おしまい
奥付