トイるえト

トイるえト

状態 完成
最終更新日 2013年06月17日
ページ数 PDF:7ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

 彼はまだ、小学二年生だった。
 家に帰ると、彼はいつもトイレにこもった。
そこで、ズボンを下ろし用を足しながら泣いた。
いつものことだった。
誰かが、そこでノックをした。彼は、気づかないふりをしたが、ノックはだんだん大きくなっていった。
怖くなって…、怖くなって彼は扉を開けた。
そこには長い真っ白な通路が、合せ鏡よりも遠く続いていた。
真っ白だった。