闇という存在


著: nasi1989

闇という存在

著: nasi1989
状態 完成
ダウンロード
内容紹介

闇(やみ)または暗闇(くらやみ)とは光の届かない周囲全体が、黒またはそれに近い色に包まれた状態の事である。影とは区別される。「一寸先は闇」のように、知識のなさや予測不可能な状態を例える場合にも使われる語彙である。

現代において闇という概念は、災いを意味するものとして捉えることが多く、やましい考えや道徳的でない思考を「心の闇」、違法貸金業者を「闇金融」など、「闇=絶対的な悪」と示す事が非常に多くなっている。 wikiぺディア参照

私の闇の概念はもっとも深く黒い闇は人の心の闇である

目次
はじめに
第一章
第一章