映画エッセイ


著:

映画エッセイ

著:
状態 完成
最終更新日 2021年07月27日 3年以内
ページ数 PDF:80ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

芥川龍之介「南京のキリスト」やドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」のように、小説と映画の両方があるのに、興味を持つ。もちろん、映画そのものが名作と知れば、飛びつく方。この文章はそうした作品を見て、私の人生観なども含めながら、エッセイ風にまとめてみました。

目次
映画「燃えつきた納屋」アランドロン
映画「ミツバチのささやき」
映画と小説「戦争と平和」
映画と小説「武器よさらば」
映画と小説「グレート・ギャツビー」
映画と小説「日はまた昇る」
映画「向日葵」
映画「ブゴバルに手紙は届かない」
映画「南京のキリスト」
映画「ベルリン・天使の詩」
映画「たそがれ清兵衛」
映画と小説「白鯨」