大祓詞後釈

大祓詞後釈

販売価格:352円 (税込)
状態 完成
最終更新日 2021年04月10日 1年以内
ページ数 PDF:292ページ
内容紹介

寛政八年発行の本居宣長著『大祓詞後釈』の電子版です
------------------
この本の試し読みができる本をアップしました

https://puboo.jp/book/131897

この『後釈』は『直毘霊』や『馭戎慨言』などに比べますと、どうしても頻りに文法に立ち入りますので、「読んでみたが途中で挫折した」ですとか、「むつかしい」と仰る読者も多いやうです。実際大手から文庫で出版されたこともないやうですし、たしかに読み物としては商品にはしにくい書籍かもしれません。しかし、はじめは枝葉に拘らずに、それをかきわけて幹を探るやうな読み方をしてゐますと、おのづと枝葉も詞の音と一緒についてくることがあります。本書は原書の柱文ごとに付箋をしてありますので、大祓詞のめでたい、惹かれるくだりを見つけたら、まづそこから読むこともできます。

目次
六月晦ノ大祓(電子版付録)付箋共に書き下し
巻頭書
六月晦ノ大祓(十二月之准フ)
集侍ル親王 諸王 諸臣 百官人等諸聞食セト宣ル
天皇朝廷ニ仕奉ル
比禮挂ル伴男
手襁挂ル伴男
靫負フ伴男ヲ、劔佩ク伴男ヲ
伴男ノ八十伴男ヲ始テ
官〻ニ仕ヘ奉ル人等ノ
過犯シケム雜〻ノ罪ヲ
今年ノ六月ノ晦ノ大祓ニ
祓ヒ給ヒ清メ給フ事ヲ
諸聞食セト宣ル
高天原ニ神留リ坐ス
皇親神漏岐 神漏美命以テ
八百萬神等ヲ、神集ヘ集ヘ賜ヒ、神議リ議リ賜ヒテ
我皇御孫之命ハ
豐葦原ノ水穗之國ヲ、安國ト平ケク所知食セト事依シ奉リキ
如此依シ奉リシ國中ニ
荒振ル神等ヲバ
神問ハシニ問ハシ賜ヒ
神掃ニ掃ヒ賜ヒテ
語問ヒシ磐根樹立チ
草之垣葉モ、語止メテ
天之磐座放シ
天之八重雲ヲ、伊頭ノ千別ニ千別キテ
天降シ依サシ奉リキ。 如此依サシ奉リシ四方之國中ト
大倭日高見國ヲ
安國ト定メ奉リテ
下津磐根ニ、宮柱太敷立テ、高天原ニ千木高知リテ
皇御孫之命ノ美頭ノ御舎仕奉リテ
天之御䕃 日之御䕃ト隱シ坐シテ
安國ト平ケク所知食ム國中ニ
成出ム天之益人等ガ
過チ犯シケム
雜〻ノ罪事ハ
天津罪ト
畔放チ
溝埋メ
樋放チ
頻蒔キ
串刺シ
生剥ギ逆剥ギ
屎戶
許〻太久ノ罪ヲ
天津罪ト法リ別テ
國津罪トハ
生膚斷 死膚斷
白人胡久美
己母犯ル罪 己子犯ル罪
母與子犯ル罪
子與母犯ル罪
畜犯ル罪
昆虫ノ災
高津神ノ災
高津鳥ノ災
畜仆シ
蠱物爲ル罪
許〻太久ノ罪出ム
如此出バ、天津宮事以テ
大中臣
天津金木ヲ
本打切リ、末打断チテ
千座置座ニ、置足ハシテ
天津菅曽ヲ
本苅斷チ、末苅切リテ
八針ニ取辟リテ
天津祝詞ノ太祝詞事ヲ宣レ
如此乃良バ 天津神ハ、天磐門ヲ推披キテ、天之八重雲ヲ伊頭ノ千別ニ千別キテ所聞食サム
國津神ハ、高山之末、短山之末ニ上リ坐テ
高山之伊穗理、短山之伊穗理ヲ掻別ケテ、所聞食サム
如此所聞食シテバ
皇御孫之命ノ朝廷ヲ始テ
天下四方ノ國ニハ、罪ト云フ罪ハ不在ト
科戸之風ノ
天之八重雲ヲ吹キ放ツ事之如ク、朝之御霧 夕之御霧ヲ、朝風夕風ノ吹キ掃フ事之如ク
大津邊ニ居大船ヲ、舳解キ放チ、艫解キ放チテ
大海原ニ押シ放ツ事之如ク
彼方之繁木本ヲ
焼鎌ノ敏鎌以テ打掃フ事之如ク
遺ル罪ハ不在ト
祓ヒ給ヒ清メ給フ事ヲ
高山ノ未 短山之末ヨリ
佐久那太理ニ
落多支速川ノ瀨ニ坐ス
瀨織津比咩ト云神
大海原ニ持出デナム
如此持出往ナバ、荒鹽之鹽ノ八百道ノ八鹽道之鹽ノ八百會ニ座ス
速開都比咩ト云神
持可可呑テム
如此可可呑ミテバ、氣吹戸ニ坐ス
氣吹戸主ト云神
根國底之國ニ、氣吹キ放チテム
如此氣吹キ放チテバ、根國底之國ニ坐ス、速佐須良比咩ト云神
持チ佐須良ヒ失ヒテム
如此失ヒテバ、天皇朝廷ニ仕ヘ奉ル、官〻ノ人等ヲ始テ天下四方ニハ、今日ヨリ始テ罪ト云フ罪ハ不在ト
高天原ニ耳振立テ聞物ト、馬牽立テヽ
今年ノ六月ノ晦日ノ、夕日之降ノ大祓ニ
祓ヒ給ヒ清メ給フ事ヲ、諸聞食セト宣ル
四國ノ卜部等 大川道ニ持退リ出テ祓ヒ却ト宣ル
付録
原書奥付