(試し読み版)餓える心臓の往くところ。

(試し読み版)餓える心臓の往くところ。

状態 完成
ダウンロード
内容紹介

◆◇ 本作品は、試し読み用のサンプルです ◇◆
◆◇ 製品版の序盤まで(約3000文字分)を無料でお読みいただけます ◇◆

【 あらすじ 】

最先端のエネルギー施設の事故によって世界が壊れてから、百数十年後。その町の雑貨屋に流れついたおれは、父親と思しき店主に虐待されていた少年タカアキを自分のものにした。店主を殺して。タカアキもまた数日後に現れた客を殺し、もっていた金属ボックスを奪った。なかには、さる大物に移植するための心臓が入っており、届ければ莫大な報奨金がもらえるという。心臓の声がいざなう、アノコのもとへと向かう旅が始まる。パンドラの箱を抱えた地獄めぐりが。デストピア・ノワールの闇が、いま明ける!

【 作品紹介 】

本作品は、同一の世界観で描かれる三部作(予定)の第一部にあたる短編作品となっています。
今後の続編にもぜひご期待ください!

【 著者紹介 】

宮下 隼一(みやした じゅんいち)

1956(昭和31)年長野県生まれ。
『西部警察』で脚本家デビュー。
『特捜最前線』など刑事もの、『仮面ライダーBLACK』『特捜エクシードラフト』など特撮ヒーローもの、『名探偵コナン』などアニメやゲームの脚本も多く手がける。
近年は小説や演劇も執筆、東京作家大学で講師も務める。

目次