泉鏡花 現代語訳集19 河伯令嬢(かはくれいじょう)

泉鏡花 現代語訳集19 河伯令嬢(かはくれいじょう)

販売価格:200円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2017年05月16日
ページ数 PDF:41ページ
内容紹介

【あらすじ】

昨年、能登の外浦を、半島の奥へ入ろうと思って歩きました時、まだそのほんの入口ですが、羽咋郡の大笹の宿で、可心という金沢の俳人の記した「能登路の記」というのを偶然読みました―

寝床の枕元の、袋戸棚にあったのです。「色紙や短冊などもあるから、ちとご覧ください、」と宿の亭主が言ったものですから―

だいぶ、相当に古びていました。その仮綴じの表紙を開けると、題に並べて、「大笹村、川裳明神の由来。」と記してあります。川裳明神…わたしはハッと思いました―

職人、飾り師の上手である小山夏吉は、筆者と炬燵で差し向かい、こう話した。

そして続けて、彼が十七の時に遭遇したという、美しい少女との哀しい事件、さらにその後体験した霊妙不可思議な出来事とを物語ったのであった。

目次