泉鏡花 現代語訳集17 日本橋(にほんばし)

泉鏡花 現代語訳集17 日本橋(にほんばし)

販売価格:450円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2016年04月14日
ページ数 PDF:119ページ
内容紹介

【あらすじ】

雛の節句の明くる晩、宵に少し降った雨上がり、月は潜んで朧―と言いたいところだが、実際は黒雲が滲んで暗い、一石橋の欄干際。

そこに立つのは、遺憾ながら野暮な野郎の影二つ、しかもその一つは警官である。

もう一人の男が、先ほどから流れに臨んで辺りを見回し、新聞紙に包んだかなり重量のあるものを川へ放り込んだのを見て、警官が、今のは何か―と問うと、男は、姉の志としてあるものを流した―と答える。

その説明に警官が納得せず、尋問の続いているところへ、稲葉家の看板芸妓、錦絵のお孝が微酔い加減で姿を現し、わたしも同じことをしに来たんですよ―。

男は大学の生理学教室に籍を置く葛木晋三。お孝と並び称される滝の家の清葉に姉の面影を見て、長年恋い慕ってきたその思いを、今晩打ち明けたが振られたと言う。

その話が心に沁みたお孝は、清葉への対抗心もあり、葛木の手を引いて抱き込んだのであったが…

激しく、悲しく、そして美しい、人の情念の綾を見事に織り上げた傑作。

目次